ボホール調査DIVE完了

昨日今日、ボホールに久々に行ってきました。バリカサグも潜ってきたよ。

バリカサグは大型ウミガメ健在、ギンガメアジ健在(同じ場所でタービュランス)、その他の魚影は種類も数も豊富で透明度も抜群でした。残念ながらyellowフィンバラクーダ、blackフィンバラクーダ、ジャイアントバラクーダには遭遇しませんでした(ちな、ジャイアントバラクーダはエルニドでガッツリ見られます。遠征しちゃう?)。

南側の別のポイントはカエルアンコウの宝庫とも言える数のカエルアンコウを見てきました。たまたまだと思うけど、ここでも通過するギンガメアジに遭遇。ちょっと深かったし通過したので遭遇時間は1-2分間

2日目はパングラオ島の北川ポイントドロップオフ。内容はマクタン目の前のオランゴ海洋保護区とそんなに変わらないけど、魚影、種類はマクタンの勝ち!(なんと!)。

でも、浅瀬のサンゴの広がり方はまさに竜宮城。特に細いサンゴが全然破壊されておらずなのは圧巻!!、よっぽど初心者ダイバーをここに入れないようにポイント選んで、各DIVEショップが気をつけて配慮しているのがわかります。素晴らしい。

オールブルーでもこちらのポイントのご紹介を始めようと思います。日帰りでセブ、マクタンから遠征ダイブ可能です。一応リピーター様向け、経験本数20以上のブランク6ヶ月以下を基準。事前申し込み必須です。

朝4時00分頃ホテルピックアップ、5時00分舟出港、7時00分タクビララン港着、8時00分ダイビング舟乗船出港、3本潜って5時40分or6時30分の舟でセブ戻り、2時間後セブ着、そこから30分~1時間でホテル着です。宿泊プランも可能です。最低催行人数2名様より(1人でも二人分払うなら可能)実施します。

ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください。

 

金曜日のKceblueより。